共働きで2人姉妹を育てる父親の生き残り戦略

2歳と0歳の姉妹を育てています。2020年4月~5月前半:育休準備編 5月後半~8月:育休編 9月~:片働き編

赤ちゃんの安全とペットの福祉に悩む(育休42日目)

デグーの餌

我が家は4人家族です。

そして4人以外にも、同居している動物がいます。

 

デグーという種類の動物です。

 

ネズミのような動物たち

デグーの生物学上の分類は齧歯目で、見た目もネズミによく似ているのですが、齧歯目の下の分類ではネズミ亜目ではなくヤマアラシ亜目に属するため、純粋なネズミとは別枠にされています。

 

一般的には、ヤマアラシは背中にトゲがあるイメージですね。

ヤマアラシ

 

ところで、ハリネズミは生物学上の分類はモグラ目なので、ネズミではなくモグラに分類されています。

ナミハリネズミ

 

まとめると

ヤマアラシはネズミの親戚

ハリネズミはモグラの1種

うーん、ややこしや~

 

我が家のデグーの生活ストレス

いやいや、デグーの話をしていたのでした。

 

我が家にいるデグーを紹介します。

f:id:BrushwoodCape:20200626142739j:plain

年齢は1歳を過ぎたところで、大人になったオスのデグーです。

 

とてもかわいいのですが、最近は行動が荒れてきています。

 

以前はケージで平穏に暮らしていたのですが、最近は床に敷いたペットシーツを剥がしてぐちゃぐちゃにしたり、体を洗うための砂浴び用のビンをひっくり返してしまったりします。

 

水と餌は毎日欠かさず出し、餌は硬めの牧草を与えて前歯が伸びすぎないようにしているのですが、かじるために与えている小枝を1日くらいでボロボロにかじってしまうようになりました。

 

ストレスが溜まっているようです。

ストレスの原因はだいたい予想がついていて、ケージから出られなくなったことだろうと思っています。

 

以前は毎週のケージ掃除の時に出してやり、リビングを散歩させていました。

しかし次女が家で暮らすようになってからは、ずっとケージに入れたままです。

(運動用の足場や回し車はケージ内に設置しています。)

 

理由はデグーが赤ちゃんに噛み付く危険性と、衛生面の心配です。

 

噛みつきは次女を高い場所に寝かせたり別室に連れて行くことで防止できます。

 

しかしデグーはトイレを決まった場所でする性質がないため、室内を散歩させると所構わず排泄してしまいます。

赤ちゃんにとって衛生管理は重要なので、室内散歩は不可とせざるを得ませんでした。

 

一方、我が家のデグーは生まれた時から部屋飼いで、屋外に出した時の帰巣本能が備わっていないため、外散歩もできていません。

 

動物福祉の5原則

人間と同じように、飼われている動物も生命の危険を取り除くべき、という考え方が国際的に広まっています。

 

その基本原則とは

  1. 飢えと渇きからの自由
  2. 不快からの自由
  3. 痛み・負傷・病気からの自由
  4. 恐怖や抑圧からの自由
  5. 本来の正常な行動がとれる自由

f:id:BrushwoodCape:20200626145249p:plain

https://sippo.asahi.com/article/11629211

動物福祉の発祥の地であるイギリスでは、動物福祉法として5原則を条文にしています。

日本では具体的な法規制はありませんが、ペットを飼う側の責任として意識しておきたいところです。

 

さて、我が家の場合には、「本来の正常な行動がとれる自由」が充分でないようです。

 

次女の安全とペットの福祉は、しばらくは折り合いをつけるのが難しいです。

妥協点としては、家のベランダでの散歩といったところでしょうか。

それでも、南米の山岳地帯で脚力を鍛えながら進化してきたデグーがベランダから落ちないか、不安は残ります。

 

 

↓ ブログランキング参加中です。記事が良ければ応援クリックお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 産休中・育休中育児へ