共働きで2人姉妹を育てる父の育休生活

30代半ばの父親が2人姉妹(1歳、0歳)を育てつつ、育児ノウハウや仕事術など考えたことを日々文章にまとめています。

実家サポートなしで2人目出産、夫がすべき最優先事項(育休18日目)

出産に向けてやるべきことは思いのほか多いので、メリハリをつけて進めていく必要があります。その中で夫が最優先に取り組むべきことは、実は出産の直接的なサポートとは別のところにあるのではないか、と感じています。

実家サポートなしで2人目出産の日に夫がやったこと(育休17日目)

無事に第2子が生まれました。 出産の確率的分布はほぼ限定された期間に山を描いていて予見可能ですが、1固体の正確なタイミングは把握できないので、待たされつつも唐突に訪れたという印象です。

Happy Birthday to my New Family Member!!!

このブログの主役が無事に誕生しました!

イヤイヤ期は非常に厄介だが、命に別条はない(育休15日目)

1歳半過ぎの長女にも、他の子と同じようにイヤイヤ期がやってきました。 少し前からその兆候はあり、長女が異様に不機嫌だと感じたことはありましたが、今回ようやく確信を得るに至りました。

妻の退院に備えたい。しかし何を備えるべきか(育休14日目)

気の早い話ですが、無事に子供が生まれて妻が病院から帰ってきた日に何をすべきかを考えるようになりました。

出産立ち会いは病院にも妻にも断られました(育休13日目)

新型コロナウイルス感染症による非常事態宣言が全国的に解除されました。 今月始めにまとめた記事では産婦人科系学会の立場は「出産立ち会い非推奨」でしたが、非常事態宣言解除を受け、「担当医に相談」と表現が緩和されています。

子供の写真を公開します(育休12日目)

今回はこのブログの主役を紹介します。 ちなみに私はこのブログの主人公です。 おや、同じような単語が出てきました。

このままでは娘がキッチンドリンカーになってしまう、私の生活をどうにかせねば(育休11日目)

料理をしながら酒を飲むのがキッチンドリンカーの示すところです。 もちろん1歳半の長女は(今のところ)キッチンドリンカーではありません。 今朝の状況でそれが頭に浮かんだので、タイトルにしました。

保険会社のスゴイ仕事術(育休10日目)

損害保険金を受け取るのに、事故発生から1年近くかかったことから感じた話です。 スゴイという形容詞は「先進的、洗練されている」ではなく、「今の時代にこんな仕事のやり方でやってられるんだ!」という意図を含めています。

KPT法で振り返る育休初週の成果と課題(育休9日目)

育休開始宣言をしてから1周間が経ちました。 休業生活も随分慣れてきました。