共働きで2人姉妹を育てる父親の生き残り戦略

2歳と0歳の姉妹を育てています。2020年4月~5月前半:育休準備編 5月後半~8月:育休編 9月~:片働き編

家庭生活

30代半ば4人家族の家計簿公開、家計管理の仕組み化が貯蓄のコツ

小学館が保育園家庭向けに発行している「ぎゅって」というフリーペーパーの1コーナーに我が家の家計簿が掲載されました。 詳細は本紙を読んでいただくとして、概要や裏話を紹介します。

リンサークリーナーでソファーと畳を丸洗い。洗浄水はどれだけ汚れたか

ソファーや畳など、家の中には「使用しているとシミなどの汚れが付いてしまう、しかし洗濯機で洗えない」ものがあります。 大人の家庭では汚さずに使うという予防策が取れますが、子どもがいるとそうもいきません。 我が家には3歳と1歳の子どもがいて、ソフ…

父親1人で3歳&1歳児を公園に連れ出すとこうなる。実体験レポ

幼児2人を母親1人が公園に連れてきて遊ばせる光景は、それなりに目にします。他人視点としての印象は「子どもは楽しそうだし、母親は口で制しながらも歩いて追いかけているし、それほど難しくはないだろう」というものでした。

小学校入学までに身につけておくべきこと、そして小学校の英語教育について

現役の小学校教員と話す機会がありました。 私の子どもは2歳と1歳なので普段は乳幼児に関する記事が中心ですが、今回は年長~小学生にフォーカスします。

洗濯乾燥機の大掃除についての記事が90000PV超え、でも3位入賞を逃すと4位でもビリでも同じ

小学館が運営するワーキングマザー向けウェブサイト「ぎゅってweb」に投稿した私の記事がスマートニュースに掲載され、多くの人に読んでもらいました。 その一方で、入賞と次点の差は大きい、ということを感じることになりました。

育児記録アプリを新生児から丸1年使ったら、一生残せる育児記録になった

無料で使える育児記録アプリのぴよログを使って、赤ちゃんが生まれたその日から1歳の誕生日まで丸々1年間使い倒しました。 その結果として、日々の育児管理だけでなく一生残せる育児記録になったので、個人的な活用方法を紹介します。

嫌がるだけではないイヤイヤ期のこだわり。魔の2歳児の統一感

2歳後半の長女は徐々に落ち着いてきていますが、それでもまだ抑えきれない気持ちがあります。 「イヤイヤ期」や「魔の2歳児」は親が手こずる育児の代名詞ですが、それとは少し違った形でイヤイヤ期のこだわりが出ています。

洗濯乾燥機を3年ぶりに大掃除してみた結果、恐ろしい量のホコリが出た

ドラム式洗濯乾燥機の内部には、想像以上にホコリや糸くず(以下ホコリ)が溜まっています。 排水トラップや乾燥フィルターで取り除けるようにしてありますが、それでも衣類から取り除かれたホコリなどの汚れは、少しずつ洗濯機内部に蓄積されていきます。

1歳になり2回目の誕生日、家族は助け合うものであることを認識する

次女が1歳の誕生日を迎えました。 1年あまり前、次女の誕生を控えた時期から始めたこのブログとしては大きなマイルストーンを達成した感じがします。 子供が2人になると、家族に対する考え方も変わってきています。

オンライン飲み会に無関係な妻が参加を希望。ステルス参加した結果…

東京都など4都府県に緊急事態宣言が発令され、その他の県でもまん延防止等重点措置による外出自粛要請が出されています。 そのため居酒屋などでの飲み会はめっきり減りました。 代わりに、参加者それぞれが同じ場所に集まらずに交流する、オンライン飲み会が…

ワンオペで乳幼児2人を入浴させた父親による所感。仕事以上の緊張感

「育児と仕事どちらが大変か問題」は今も昔も尽きることなく議論され、それでもなお結論が出ない問題です。 そして男性(父親)側の視点では仕事が優位に語られやすい内容です。

和室の光漏れがなくなり真っ暗に!寝かしつけも楽になる睡眠環境作り

最近ではフローリングの洋室にベッドを置いて寝る家庭も多いと思いますが、畳敷きの和室に布団を敷いて寝ている家庭もあると思います。 いくつかの調査結果を見た感じでは、ベッド派と布団派がほぼ半分ずつの割合となっています。 ただし、小さい子どもがい…

ノンフライヤーで揚げ物革命。油で揚げた場合の再現度をレビュー

揚げ物は子どもの大好物料理の一つで、子どものいる家庭では定番の料理です。しかし油を多く使うため、食べすぎが心配な料理でもあります。 そこで揚げ物を健康的に楽しむべく、ノンフライヤーを導入しました。フライ料理がノンフライで果たしてできるのか、…

休日ハックの新サービス「おうちハック」を正式リリース前に体験したのでレビュー!

今話題の休日ハック!の体験キャンペーンに当選しました。 休日ハックは新しいお出かけ体験を提供するサービスです。 一方で我が家は0歳児連れ、なので外出を楽しめるか悩んでいたところ、まだ開発中のサービス「おうちハック!」を提供いただきました。

パパ育川柳で最優秀賞をいただきました。賞品のオリジナルTシャツを公開!

父親の育児参加を進めている「パパ育コミュ」が主催している「パパ育川柳」というコンテストに応募したところ、最優秀川柳に選んでいただきました。

洗濯乾燥機での生乾き問題の解決法。原因は洗濯機の故障でも、操作ミスでもなかった

共働き家庭に洗濯乾燥機は必需品です。 1回25円で洗濯物干しも取り込みもなくなり、自然乾燥よりも圧倒的に乾いた後の柔らかさが上です。

ペットとの別れ、純真な2歳児の反応が辛い

長く一緒に生活していたデグーと別れることを決めました。 2歳になった長女を別れに立ち会わせることはできませんでしたが、 家族としての愛情が感じられる出来事でした。 その分だけ、辛くもありました。

桃太郎電鉄 ~昭和・平成・令和も定番~ これで当分楽しめる

本日発売された桃鉄の最新版をプレイしました。 育児による妻の自粛ストレス解消に最適なゲームです。

感謝の気持ちを常に忘れない子どもに育てたい

次女の生後半年までもう少しのところまできました。 まだまだ赤ん坊なので親がひたすらに愛情を注ぐ日々が続くのかと思っていたら、感謝のメッセージを発していることが判明しました。

在宅勤務での通信量が凄まじい。働き方改革で露呈したモバイルルーター生活の難点

半年くらい前に、家庭用のインターネット通信サービスを有線からモバイルルーターに変更しました。 切替時は緊急事態宣言前で在宅勤務は多くなかったのですが、育休明けから本格的にリモートワークが多くなって通信速度制限に困っています。

データで振り返る乳児期の成長(生後4ヶ月)

次女は生後4ヶ月になり、生活リズムがかなり整ってきました。 育児しやすくなっていることが感じられる一方、データでも成長を検証したところ、大きな変化がありました。

誕生日を家族で盛大に祝う。子供が小さいうちだけかもしれないから

長女が2歳になりました。 誕生日はケーキとプレゼントがあれば十分だと思っていたのですが、今どきの祝い方をすることになりました。 私は手間と金がかかることはしたくない派なのですが、今しかできないなら妻の好きにさせよう、という気持ちに切り替えまし…

ボス・ベイビーのアニメが終了、英語で観られる番組が一つ減ってしまった

NHKアニメ「ボス・ベイビー」が今週で最終回でした。 赤ちゃんがスーツを着て、流ちょうに言葉をしゃべりながらトラブルを解決していく話です。 出てくる場面は家から半径100m以内のごく日常生活なのに、やることは全く赤ちゃんらしくないのが楽しいアニメで…

男性育休の最終日は、妻への感謝の日

これまでは夫婦で育児に専念するダブル育休体制でしたが、私は仕事に復帰することになりました。 日々の生活に尽力していたところ、育休最終日はいつの間にか訪れていました。

育休中の最難関育児:乳幼児2人をワンオペで入浴させようとして撃沈した(育休94日目)

男性育休も残り少なくなり、仕事への復帰に向けた準備を始めました。 妻はまだしばらく育休なのですが、いくつかの育児項目を分担できなくなります。 ワンオペによって訪れた、育休中の最難関課題について書きます。

不良品の返品・交換手順。スムーズに進めるために賢い消費者になる(育休93日目)

店で新品として購入した商品が不良品だった場合、とても残念な気持ちになります。 商品パッケージの説明書きを信じて購入したのにその機能が不全だと、怒りが湧いてきます。 一方で新型コロナウイルス感染症によるマスクの欠品で店員への理不尽な問い合わせ…

東南アジアの伝統衣装を着ると、見た目も気分も華やかになる(育休92日目)

マレーシア人の知り合いから、長女の誕生祝いに現地の民族衣装をもらいました。 衣装のジャンルとしてはKebaya(ケバヤ)と言います。 (日本の着物のような位置づけです。)

暑くても、行くところがなくても、出かけるだけで楽しい生活(育休91日目)

前日の記事で夏の暑さと涼しく遊べる施設の少なさについて書きました。 昨年の夏、長女は1歳を迎える前でした。 歩くのがおぼつかない状態ではプールに入ることはできず、排泄機能の発達状態も不十分だったため、入れる屋内プールがなく断念しました。

猛暑により屋外では遊べないが、屋内施設は休止ばかりで遊び場難民になる(育休90日目)

真夏で暑さがピークの時期になりました。 2020年は平年より気温が高く、埼玉県や群馬県では最高気温が40℃を超える日もありました。 横浜市でも連日の最高気温が35℃くらいで酷暑です。

子供は大人のマネをするので普段の振る舞いを見直さないとヤバい(育休89日目)

もうすぐ2歳になる長女が保育園で習った遊びや歌を家で披露するようになりました。 親としては離れている間の様子が分かり、また子供の成長が確認できて嬉しいことです。 その様子を見ていると、身近な大人がやっていることのマネもしています。 長女にとっ…